関根花観がかわいい!母親も有名人?腹筋やマラソンシューズについても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

陸上の関根花観選手。

見かけはかわいい童顔のおっとり系に見えるのですが、その容姿に似合わない鍛え抜かれた腹筋と、マラソンの実力は目の肥えた陸上通であればもはやおなじみですね。

そんな関根選手、実は母親も結構有名人なんだとか。

マラソンランナーとしの愛用シューズやライバルのことなど盛りだくさんで関根花観選手について、色々と調べてみました。

NEW!~オリンピック代表枠選考会MGCの記事はこちら↓↓↓

>>MGCの女子オリンピック代表2枠を予想!出場選手や辞退者は?コースの特徴は?




関根花観選手のプロフィールと主な戦績

生年月日 1996年2月26日

出身地 東京都町田市

身長 156cm

体重 43kg

経歴 仙台育英高校―豊川高校―日本郵政グループ

彼女の主なプロフィールです。

経歴を詳しく見ると、町田市立金井中学校では1年生の頃はソフトテニス部でしたが、陸上の大会の助っ人として市で優勝したのをきっかけに2年生から陸上を始めて、3年の時に全日中14位、都道府県対抗女子駅伝では3区区間賞を獲得。

高校は仙台育英高校に進学しましたが、入学直前に東日本大震災が発生。

仙台育英高校も大きな被害を受けて、(実際、震災直後の日体大記録会で義援金を募って出場していた仙台育英高校陸上部に寄付していました)、震災からの復旧を余儀なくされ、陸上部の練習環境が悪化した為に、2年生の時に愛知県の豊川高校に転校。

引用:https://www.townnews.co.jp/0304/2014/01/01/218809.html

仙台育英高校1年生時から全国高校総体に出場し、豊川高校に転校した3年生の時には3000mで6位入賞。全国高校駅伝にも3年連続出場し2年生の時に区間賞を獲得。

高校卒業後は創部1年目の日本郵政グループに入社。

2016年の日本選手権では同じチームの鈴木亜由子選手と互いに先頭を引っ張りあって、5000mで3位、10000mで2位に入ってリオデジャネイロ五輪日本代表に選出。

引用:https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/hanami_sekine/

2018年の名古屋ウィメンズマラソンで初マラソンを走り、2時間23分7秒で日本人トップ、初マラソン歴代4位の好タイムでMGC資格獲得しています。

まさに今後が期待できる若手有望選手の1人です。

関根花観選手は童顔でかわいい!

写真で見ると、関根選手はかなりの童顔です。

どこかの高校の制服を着せて、その高校の生徒に交じっても何にも違和感がないくらいです。

なんと言っても笑うとえくぼのでる笑顔がとてもかわいいです。

引用:https://www.japanpost.jp/athlete/

そんな関根選手に彼氏はいるのかが気になる所ですが、そのような情報は流れていないようです。

オリンピックを目指すため、本当にいないのか、それともいるけど公表していないだけなのかは分からないですが、今は東京五輪に向けてそっと見守るように応援してあげたいですね。

関根花観選手の母親も有名人!

関根花観選手の母親美咲さんで現在55歳です。

その美咲さんもかなりすごいお方で、関根選手の母校の町田市立金井中学校でボランティアコーディネーター(VC)として活動されています。

引用:https://www.townnews.co.jp/0304/2012/12/13/168830.html

他にもイベントプロデューサーとして活躍されたり、幼少から続けていたダンス教室を開いたりととてもアクティブな女性です。

子供の頃から活発な女の子だったようです。

その血を関根選手は引き継いでいるのでしょう。




関根花観選手の腹筋が驚異的!

関根花観選手の腹筋が非常にすごいとTwitterで話題になっています。

写真で見ても分かる通りすごく鍛えられた腹筋です。

引用:https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160814/ddm/035/050/123000c

あの腹筋を作ったトレーニング方法を調べてみたのですが、残念ながらそれについての情報が乏しいようで分かりませんでした。

同じく腹筋がすごい松田瑞生選手との比較

そこで同様にものすごい腹筋をしていて「浪速の腹筋娘」とも言われている松田瑞生選手(ダイハツ)との比較で、それぞれの初マラソンのラスト1~2km付近を見てみます。

2018年大阪国際女子マラソン:松田瑞生選手初マラソン

引用:https://www.youtube.com/watch?v=7IpVCaSmtYw

2018年名古屋ウィメンズマラソン:関根花観選手初マラソン

引用:https://www.youtube.com/watch?v=gV4syhQ0MX4

脚の回転の速さで走る松田選手に対し、関根選手は上体の腕の振りを上手く使って走っています。

2人の走り方は見かけ上全然違うように見えるのですが、共通して言える事は両者共にレース終盤になっても上体が安定しています。

つまりブレが非常に少なく、余計なエネルギーを消費しないのです。

2人は同じ学年

鍛えた腹筋同士で互いに意識しあっているかも知れませんね。

9月のMGCでの直接対決が楽しみです。

関根花観選手愛用のシューズは?

関根花観選手の使用しているシューズは、初マラソンの名古屋ウィメンズマラソンでは、NIKEが史上最速と自信を持って開発したズームヴェイパーフライ4%を着用したようです。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201803090000282.html

関根選手がレース後に「推進力とクッション性で上りも走れるようになった」「きつくなっても足が止まらない」とコメントしたことで、主だったスポーツ点の店頭在庫が一気に完売した程です。

その影響もあり、最近ではこのシューズのように厚底が主流になりつつあります。

引用:http://ur0.link/XX7Z

チームメイトの鈴木亜由子選手もこちらを使用し始めたましたし、エリウド・キプチョゲ選手もズームヴェイパーフライを使用して、ベルリンマラソンを2時間3分32秒の記録を出しました。

今ではすっかり人気のズームヴェイパーフライを日本で使用した先駆けとなったのが関根選手のようです。




関根花観選手はチームメイトもすごい

関根花観選手はチームメイトもすごい選手ばかりです。

2012年の全国高校駅伝のメンバー(豊川高校)では岩出玲亜加治屋ななこ鷲見梓沙堀優花と、今でも日本代表クラスとして活躍している選手ばかり。

引用:https://www.japanpost.jp/athlete/about/queens.html

日本郵政では鈴木亜由子鍋島莉奈、そして今年入社のゴールデンルーキー廣中璃梨佳とこれまた優れた選手ばかりです。

鈴木亜由子選手の存在

先に挙げた選手の中でも関根選手と同じ1期生の鈴木亜由子選手の存在が非常に大きいです。

2016年の日本選手権は非常に象徴的なレースでしたね。

また2016年の都道府県女子駅伝で鈴木選手が大逆転で愛知県を初優勝に導いた時に、鈴木選手を抑えて関根選手が区間賞を取り、まさにこの年は2人の為の年であったと言っても過言ではないぐらいです。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=GznU2-HAnew

2018年に関根選手が名古屋ウィメンズマラソンでMGC資格を獲得した5カ月後に、鈴木選手が北海道マラソンで初マラソンを走りMGC資格を獲得する等、互いに強くなっているようです。

まるで自転車の両輪のようですね。

最後に

童顔でかわいらしい、それでもべらぼうに速い関根花観選手について書いていみました。

チームメイトやライバルに恵まれてここまで速くなって日本代表になりました。

そのうちの誰が欠けてもそこまでのレベルアップはなかった事でしょう。

9月のMGCはかなりのハイレベルな戦いが期待されますね。

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/rikujo/2016/06/25/m/

男子に比べ、人数が少なく物足りない感じのある女子マラソンですが、その分中身の濃い戦いになりそうですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする