ボディメイクダイエットには8秒スクワット!正しいやり方は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは らいふれんどです!

今回からやっと中身のあることを書いていきたいと思います。

初回ですから今の自分にとって一番良かったと思うことにします。これです!

食べながら・飲みながらシュッとなる 8秒スクワットダイエット

私の現在の体型は細マッチョ逆三角形!

身長は178㎝、体重65㌔。BMIは20.5。標準体重より▲4.7㌔となっています。

でもこの体型になってから3年ほどで、一時期83㌔までいってました。
 

90㌔に向かって大前進、これはさすがにいかんと、色んなダイエット情報を集めた結果、これが一番続けられそうだと思ったのが8秒ダイエットでした。

結果半年後マイナス18キロのダイエットに成功!!

しかも、特段無理な食事制限はしませんでした。

家族との毎日の晩餐も変わりなくです!

ダイエット成功には楽しみながらやることが大事なんです!

>>関連投稿はこちら。「ダイエット成功の最大の秘訣 それは楽しみながらやることです! 」

基礎代謝と肥満の関係

みなさん子供のころって、がっつり食べても、太りませんでしたよね!?

私もそうでしたが、これって知ってる人は知ってると思いますが、「基礎代謝」というものが成人後と比べて非常に高いからなんです。

ここでは基礎代謝の詳しい説明は割愛しますが、要はこの数値が高いと寝ていても身体のエネルギーが消費され太らない体質になるというものなんですね。

この基礎代謝、年齢を重ねるほど落ちてきて、結果、中年から肥満になる人が増えてきます。私もがっつりそうでした(笑)

そこで、この基礎代謝を上げるためにどうするかを考えるのがダイエットのミソとなります。

てっとり早く基礎代謝を上げるには

それはやはり筋肉の量を増やすことです。
 

キョーレツなTVCMで有名なあの会社のメイン手法も筋肉の増量です。

けどむやみに筋トレやって逆に筋肉太りになってもしようがないので、ここは身体の中で一番カロリーを消費する部位の筋肉を増やすことを考えます。

それは「太もも」の筋肉です。

太ももの筋肉を増やすにはスクワットが一番

これはあまり説明しなくてもイメージできますよね。

太ももの筋肉はランニングやウォーキングでも鍛えられますが、やはり一番効果的な方法がスクワットです。

同時に美しい身体を手に入れるなら「8秒スクワット」

そして美しい体型を目指すボディメイクダイエットに取り組むのであれば、

単に回数をこなすのではなくやり方があります。それは次のとおり。

♣まず両足を肩幅くらいに開いて立つ。

♣背中を垂直に伸ばして、顔、胸、足のつま先 をまっすぐ前を向かせる。

♣両腕は頭の後ろに組むか胸の前で交差させる。

♣鼻から息を吸いながら、1から8までカウントしつつゆっくりと腰を落とし、8で太ももと床が平行になるようにする。ひざが内側を向かないように注意し、かかとは浮かないように床にしっかりとつける。横から見たときに、お尻が後ろに突き出たような姿勢になる。

♣息を吐きながら、1拍の速さで元の姿勢に戻る。

これが「8秒スクワット」です!

この息を吸い込みながら8秒というのが実は非常にきつくて、途中から吸い込めなくなり、無呼吸になるかもしれませんが、そこはできるだけ頑張ってやります。

このやり方、そもそも筋肉量の少ない方が効果的に筋肉を増やすのに非常に有効とされています。

これにより、大腿四頭筋、大殿筋を中心にハムストリングス、内転筋、脊柱起立筋、中殿筋、腹直筋、腹斜筋などまで鍛えられますので、腹回りが非常に美しくなってきます。

回数は

最初は3~5回でも相当きついです。1回やったらわかります。。背中から汗がにじみだします、、

巷の情報では、この8秒スクワット15回で、腹筋500回と同じ効果があるのだとか、、

その真偽は定かではありませんが、私もまず5回から初めて、10回、15回と2週間スパンで増やしていきました。

そして見事に半年後に18キロのダイエットに成功!!

腹筋が割れ、見事な逆三角形のボディメイクを達成しました。

そして、始めた頃は想定してなかったんですが、「顔」がまったく別人のようになりました。

そう、顎の肉やむくみがとれてすっきりしたイケメンに変身してしまったのです!!

言わせてください。。 すみません。。

>>関連投稿はこちら。「美しく痩せる それにはドーパミンの増量が一番です! 」

ここまではよくある成功話かもしれませんが、ちょっと人に真似できないポイント、特段無理な食事制限をせずに」というところと、継続するために取り組んだことなど、お話したいと思います、、

が、ちょっと長文になり過ぎてますね、

このあたりは次回の投稿でお話ししたいと思います。

では。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする