酒井夏海は大学進学?スウィン美園に就職?中学や高校での成績が凄い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

リオデジャネイロオリンピックで、中学生としては実に20年ぶりに日本代表(メドレーリレー)として活躍された酒井夏海選手

酒井選手は現在高校3年生

新興スウィミングスクール「スウィン美園」にも所属されています。

池江瑠花子選手と同じく高校生スイマーとして注目を浴びている選手で、池江選手とは良きライバルであり良き戦友といった関係です。

ケガで悩まされて、2年連続代表入りを果たせなかったのですが、その後は順調に自己ベストを更新していき、メダルも獲得するトップアスリートへの道を着実に進んでいます。

東京オリンピックに向けてますます期待が高まる酒井選手ですが、大学進学か?それとも就職か?といった進路についても注目が集まっています。




酒井夏海プロフィール

引用:http://runrunskip.com/archives/12272

名前:酒井夏海(さかいなつみ)

生年月日:2001年6月19日

出身地:埼玉県

身長:174cm

体重:63kg

中学 : さいたま市立土合中学校

高校:武南高等学校(埼玉県)

所属 : スウィン美園

泳法 : 背泳ぎ

酒井夏海の進路は大学進学?

酒井夏海選手がリオデジャネイロオリンピックに出場されたときは土合(つちあい)中学校の中学生でした。

その時点で中学校ではすごい生徒がいるということでザワザワしていたでしょうし、「ぜひ我が校に入学してください!」と熱心な勧誘に動かれていた高校も多かったのではないでしょうか。

その中で酒井選手が入学されたのは、サッカーでも有名な武南高等学校です。

引用:https://www.bunan.ed.jp/highschool/club/news.html?id=238

酒井選手は現在高校3年生ですので、本来なら就職活動か受験勉強に取り組む時期です。これから酒井選手の進路に大きな注目が集まっていくことになるでしょう。

水泳選手は大学進学をすることが多いようですが、酒井夏海選手も大学進学を希望されているのでしょうか?

来年は東京オリンピックも開催されます。

酒井選手クラスにもなれば、多くの大学から「推薦で来てほしい!」との熱心なラブコールが殺到するでしょうね。

酒井夏海 就職ならスウィン美園?

大学進学希望でない場合は、いずれかの企業等への就職となります。

その場合、現在所属されているスイミングスクール「スウィン美園」が有力候補となりそうですね。

スウィン美園は2019年4月1日にオープンしたスイミングスクールです。

現在酒井夏海選手はスウィン美園に所属されています。

引用:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_UpToYou_6173/

子どものころからお世話になったスイミングスクールに就職する選手は、これまでにも例がありますので、酒井選手も同じ道を歩まれるかもしれません。

慣れ親しんだプールであれば仕事もしやすいでしょうし、競泳の練習時間も十分にとれることでしょう。

また、酒井選手の知名度により、通ってくる子供たちが増えれば、お世話になったスクールへの恩返しにもなります。

予想としてはスウィン美園が最有力ですが、元の所属先のスウィン南越谷の可能性もありますね。

そして酒井選手、スクールオープン直後の、日本選手権の女子50メートル背泳ぎ決勝で、28秒18のタイムで2連覇を果たし、100メートルの背泳ぎと合わせて2冠達成を成し遂げました。

引用:https://www.mizuno.jp/swim/players/gallery/2019/japanswim/sakainatsumi/

酒井夏海の名前とともにスウィン美園の名前も広める結果となりました。

これほど素晴らしい宣伝効果はありませんね!




酒井夏海の中学はどこ?成績は?

酒井選手が水泳を始めたのが幼稚園の年長の6歳のときだとか。

7歳の時には4泳法を泳ぐことができるなど、目覚ましい上達をしていったそうです。

酒井選手が通われていた中学校はさいたま市立土合(つちあい)中学校です。

引用:https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160524/ddl/k11/050/155000c

お笑いが好きとのことで、好きな芸人はM1王者のNONSTYLE(ノンスタイル)さん。

その影響を受けてか、クラスのみんなを笑わせる楽しい存在だったそうです。

そして中学生になると背泳ぎを専門として取り組んでいき、全国大会では100メートル背泳ぎで1,2年と優勝を果たしました。

酒井選手の中学時代の主な成績です。

2015年
・ジュニアオリンピック春季大会 50m背泳ぎ優勝 100m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ優勝
・日本選手権 50m背泳ぎ3位 200m背泳ぎ3位
・ジャパンオープン 100m背泳ぎ3位 200m背泳ぎ優勝
・全国中学校水泳大会 100m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ優勝

2016年
・コナミオープン 50m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ優勝
・日本選手権 100m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ優勝
・ジャパンオープン 100m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ優勝
・ヨーロッパグランプリ・バルセロナ大会 100m背泳ぎ3位

大変すばらしい成績を残されています。

これだけの成績を残していても、オリンピック派遣標準記録は残念ながら突破できず、個人のリオデジャネイロオリンピック代表には選ばれませんでしたが、女子メドレーリレーの背泳ぎでは代表に選出されます。

引用:https://number.bunshun.jp/articles/-/831521

競泳の中学生オリンピック代表としては、アトランタオリンピック出場の青山綾里選手以来20年ぶりだったとか。

このことからも酒井選手がスーパー中学生だったことがよくわかります。

酒井夏海の高校での現在の成績は?

酒井夏海選手は現在高校3年生。武南高等学校にて最後の高校生活を楽しまれています。

引用:https://mainichi.jp/graphs/20180822/hpj/00m/050/005000g/1

高校生になって1年目はけがの影響もあって代表入りも逃してしまいますが、2017年には中学生の頃に発揮していた実力を取り戻していきます。

2018年
・アジア競技大会 50m背泳ぎ3位 100m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ3位
 
2019年
・日本選手権 50m背泳ぎ優勝 100m背泳ぎ優勝 200m背泳ぎ2位
 
 
 
引用:https://www.youtube.com/watch?v=uyQtUQfFGAY
 

これもまた素晴らしい成績を残されています。高校3年生となった現在も更なる活躍が期待されています。

まとめ

オリンピック出場を果たすスーパー中学生であった酒井夏海選手。

その実力は今もなお衰えを知らず、高校2年の時にはアジア大会で優勝するなど、これから益々注目を浴びていく存在になることは間違いありません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

酒井夏海 Sakai Natsumiさん(@natsumi__sakai)がシェアした投稿

引用:https://www.instagram.com/p/BsCoDN4HDxI/?utm_source=ig_web_copy_link

それに伴い、お笑い好きの楽しい性格とかわいらしい笑顔で他の選手と同様に彼氏の存在なども気になっていくことでしょう。

水泳・プライベートともどもこれからの酒井選手の動向から目が離せません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする