阿部詩の筋肉がすごい!かわいい柔道女子の階級や高校・大学は?彼氏も気になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回ご紹介する女子アスリートは柔道阿部詩(うた)選手です。

来年に迫った東京オリンピックで期待される国技・柔道の中でもかわいいルックスと実力を兼ね備えた注目度NO1の選手。現在、日本体育大学に通っている現役女子大生です。

今回は、そんあ安部詩選手のすばらしい筋肉や現階級でのライバル、そして高校大学に気になる彼氏の噂などに迫ってみたいと思います!

NEW!柔道女子アスリート関連記事はこちら↓↓↓

>近藤亜美がカトパン似でかわいい!ポロって何?インスタ画像が変!?

>新井千鶴がかわいい!彼氏や兄の情報は?中学や高校に身長などwikiは?

>志々目愛のかわいい目は兄似?出身や彼氏の噂は?柔道の実績などまとめ

>芳田司のかわいい私服や姉妹の画像!似てるのは誰?彼氏の噂や父親の職業は?

>舟久保遥香(柔道)はかわいいのに筋肉がすごい!彼氏はいる?中学や高校の実績は?

>渡名喜風南はかわいい沖縄美人!?姉や両親との絆は?柔道世界一の実力は?

>出口クリスタがカナダ国籍を選んだ理由は?背筋や妹とのかわいい画像に彼氏の噂も

>阿部詩の筋肉がすごい!かわいい柔道女子の階級や高校・大学は?彼氏も気になる




阿部詩は日本で一番かわいい柔道選手!?

阿部詩さん。

その名前を聞いてピンとくる方もあるかもしれません。

そう。

お兄さんが二年連続世界ランキング1位というハンパない実績を残したイケメン柔道家の阿部一二三選手です。

引用:https://www.sankei.com/sports/news/180928/spo1809280002-n1.html

柔道界は男女ともワイルドなタイプが多いですが。

そんな阿部家の遺伝子はその容姿にも存分に発揮され、兄は大変爽やかな男前として知られており、詩選手もかならず「かわいい」という形容詞で語られています。

アイドル顔負けの笑顔、そして158㎝と小柄ながらすらりとした立ち姿。

日本で一番かわいい柔道選手と誰もが認めています。

阿部詩の筋肉が凄い!小柄な体に秘められたパワー!

前述のとおり、阿部詩選手の身長は158㎝。

52キロ級と言うことで、“健康体重”とされる範囲と思われますが。

引用:https://www.ejudo.info/newstopics201807/003729.html

引き締まった体幹と、ほぼ自体重に匹敵する46~48キロという握力を考えると、普段どれ程鍛えられているかが良く解ります。

彼女が得意とする技が袖釣込腰

その瞬発力を爆発させて、自分より重い相手を制圧する立ち技の豪快さは、体幹の強さがあればこそです。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=bM0sRx1aWKE

無駄に大きな筋肉をつけるのではなく、ブレない体を内側から作る…そうした積み重ねが現在の成績を叩き出すパワーの源になっているのです。

阿部詩が柔道を志したわけ

もともとはお兄さんたち二人が習っていた柔道。

その練習風景に憧れて5歳で道場に入門したのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

阿部 詩さん(@abe_uta)がシェアした投稿

引用:https://www.instagram.com/p/BRa8aVMDn2r/?utm_source=ig_web_copy_link

お父さんが消防士だったこともあって、身体を鍛えることに積極的なご一家だったこと、そして神戸でも柔道が盛んだった地域にお住まいだったこともあって、その素質を早くから見いだされ、期待されて育ったようです。

日常生活の遊びでも当たり前にのびのびと運動を続け、さらに三歳上の兄の一二三選手とともに稽古を続けるうちに、同じ夙川学院柔道部の松本純一郎氏に師事するようになり、しかしそれほど積極的とは言えない様子が続いていた彼女に火が付いたのは小学6年生のことだった、と言います。

引用:https://entamejoker.com/16944.html

小学6年生女子は、45㎏級と45㎏超級という区分しかありません。

当時、46キロで出場した詩選手は、なんと24㎏も体重が多い相手と初戦で当たり、敵わなかったのだといいます。

それが悔しくて、熱心に稽古をするようになった、というのですから、運命はわからないものです。

ある意味、その時の対戦相手が今の彼女を生み出した、と言えるかもしれませんね。

夙川学院中学・高校、そして日本体育大学へ

柔道の名門、神戸市の夙川(しゅくがわ)学院中学・高校へと進学した詩選手。

先行して兄の一二三選手が進学し、小学生の頃からご指導を受けていたのがこの学校の柔道部監督の松本純一郎氏だったこともあり、迷うことなくこの進路を選んだものと思われます。

引用:https://www.sankei.com/west/news/180528/wst1805280004-n1.html

実際、神戸という土地は講道館柔道の創始者加納治五郎氏の故郷でもあり、もともと選手も指導者も層が厚かったのでしょう。

中学時代はそれ以前からは見違えるように懸命に稽古に励むようになった詩選手は、並み居るライバルと切磋琢磨しながらも懸命に実力を蓄えていきます。

高等部に進学するころには兄の一二三選手とともに初めてのシニア国際大会のグランドスラム・東京に出場し、詩選手は優勝を逃したものの、兄妹でメダルを獲得(一二三選手は優勝)するという快挙をなしました。

引用:https://www.daily.co.jp/general/2016/12/02/0009718886.shtml

10代半ばで大きなプレッシャーと戦いながらも、家族を始めとして周囲にも恵まれ、環境や理解に支えられてメンタルも鍛えられ、超高校級の試合展開を見せるようになっていきます。

当然、目標は東京オリンピック!

そして、ジュニアからシニアへとその実力をめきめき伸ばしていった彼女がようやく兄・一二三選手と二人で史上初兄妹同時優勝を果たしたのが2018年、高校三年生の世界選手権でした。

引用:https://00m.in/EFc3J

まるでずっと兄を追いかけているかのように、詩選手はこの春、日本体育大学に入学したのです。

入学時の決意は「令和でいちばん活躍できるよう、もっと強くなりたい!」という言葉だったそうです。




阿部詩の現在の階級は?オリンピックメダル獲得へのライバルは?

詩選手のは現在の階級52キロ級です。

東京オリンピックに向けて___実はこの階級は現在非常に熾烈な代表争いが展開されているのです。

志々目愛選手(25歳)角田夏実選手(26歳)いずれも了徳寺学園の職員としてその柔道部に所属しています。

引用:https://twitter.com/ejudo/status/804612379593969665

数多くの柔道家を擁する強豪チームにあって、実力が肉迫する二人です。

そこに詩選手が参入するかたちで、今期三つ巴の代表争いが展開しています。

才能か、経験か…現在18歳の詩選手の実力は高く評価されていますが、二年後にはまだ志々目選手も角田選手も十分に代表を狙える年齢です。

いずれも国際大会で活躍しており、今年2月のグランドスラム・パリでは志々目選手が優勝、角田選手が二位と、素晴らしい成績を収めています。

引用:https://www.sanspo.com/sports/news/20190210/jud19021020140006-n1.html

この中で、誰が代表を射止めても不思議はありません。

自国でのオリンピックと言う稀有な機会です。

決定するまでの間、それはライバルとの戦いでもありますが、何よりも自分との、心と体の戦いになっていくのかもしれませんね。

阿部詩に彼氏の噂はある?

18歳、そして誰が見てもかわいい!と評判の詩選手。

彼氏の存在も気になりますが、残念、そうした噂は殆ど聞こえてきません。

東京オリンピックの代表入りを目指してストイックに稽古に邁進していることは勿論ですが、彼女の場合、もっとも身近にいる兄の一二三選手が大変な男前さんであり、彼を見ていたらきっと彼氏候補のハードルもかなり上がってしまうでしょう。

引用:https://www.judo-ch.jp/expectations_players/abe_u/

それに、なんといっても強い!

彼女が“リスペクト”できるような男性はなかなか出てこないのでは?  と逆に心配してしまいますね。

ひとまずオリンピックが終わらないと、恋するだけの余力は出てこないのかもしれません。

まとめ

大きな目標を前にして日々稽古に励む阿部詩選手。

昨年の世界ランキングは二位とゆるぎなく。

その実力と、裏打ちするメンタルの成長も著しいと評判です。

容姿と笑顔は見る人に元気を与えてくれる、まるで太陽のような存在ですが、稽古中と、試合になったときの闘争心に満ちた瞳は大変魅力的です。

引用:https://www.sankei.com/west/news/180531/wst1805310003-n1.html

兄の一二三選手とともに、兄妹で同時にメダルをゲットしたら、これもまた“史上初”という伝説が増えるかもしれませんね。

願いは大きく!

東京オリンピックの表彰台に上る彼女を思い描いて、今年も応援していきたいと考えています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする