杉原愛子の武庫川女子大学移籍の理由は?中学や高校はどこ?腹筋や座薬の話もすごい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回は、日本女子体操の杉原愛子選手にスポットを当てます。

杉原選手は、2016年リオオリンピックの日本代表で、来年開催の東京オリンピックでも活躍を期待される注目のアスリートですが、所属先の朝日生命体操クラブを退部し武庫川女子大学移籍するなど、このところ身辺が賑やかな状況となっています。

そんな杉原選手の移籍の理由や、中学高校時代の活躍ぶり、そしてすごい!と話題の腹筋や気になる座薬の話などをご紹介していきます。

NEW!体操女子アスリートの関連記事はこちら↓↓↓

>畠田瞳の大学は早稲田!かわいい妹に父や母も体操選手!?身長や高校もチェック

>土橋ココの現在の成績は?大学はあの武庫川!?母親はどんな人?

>内山由綺はかわいいのに腹筋や筋肉がヤバイ!ハミって何?大学や身長などwikiも!

>杉原愛子の武庫川女子大学移籍の理由は?中学や高校はどこ?腹筋や座薬の話もすごい!

>平岩優奈がかわいい!大学は体操の武庫川女子!インスタ画像や身長などwikiも!

>寺本明日香が引退!?理由はあごの傷?かわいい私服や身長にも注目!

>田中理恵(体操)の現在は?劣化?結婚した旦那や子供画像も調査!

>村上茉愛はかわいいのに筋肉がすごい!身長体重は?子役時代や父親についても




杉原愛子プロフィール 中学や高校での体操の経歴は?

引用:https://www.sankei.com/sports/news/190119/spo1901190045-n1.html

杉原愛子選手は、1999年9月19日生まれの現在19歳で、出身は大阪府東大阪市です。

先に体操をやっていた姉の影響で4歳で体操を始めると、小学4年生で「羽衣体操クラブ」に入団し、本格的に体操競技に取り組みます。

羽衣学園中学校に入学すると、2年生で「第43回全国中学校体操競技選手権大会」に出場し、女子個人総合6位に入賞します。

3年生のときにはウズベキスタンで開催された「第13回アジアジュニア体操競技選手権大会」において団体戦優勝、そして個人総合でも2位の成績を収め、さらに「2014年度全日本ジュニア体操競技選手権大会」では個人総合優勝を果たします。

2015年、梅花高等学校に進学すると、「羽衣体操クラブ」から「ヴォラーレ体操クラブ」に移籍します。

入学後すぐに出場した「全日本体操個人総合選手権」で3位入賞を果たすと、5月の「第54回NHK杯体操選手権」の女子個人総合では初優勝を飾ります。これらの好成績を受けて、この年の「世界体操競技選手権」に出場する日本代表に選出されました。

その7月、日本代表として初のシニア国際大会となる「第6回アジア体操競技選手権」では、4種目全てで安定した演技を披露し、日本女子の団体総合優勝に貢献。個人としても総合優勝を達成し、初の国際タイトルを獲得しました。

翌2016年4月に行われた「全日本体操個人総合選手権」、そしてリオデジャネイロオリンピック代表選考会を兼ねた「NHK杯」の個人総合においてどちらも3位に入賞し、リオデジャネイロオリンピック日本代表候補に選出されました。

その後、体操女子日本代表として正式に選ばれ、オリンピック初出場を決めました。リオデジャネイロオリンピックでは、メダル獲得にあと一歩という団体4位入賞に大きく貢献しています。

引用:https://www.baika-jh.ed.jp/diary/detail.php?id=230

その年の11月、それまで通学していた地元大阪の梅花高等高校から、東京の藤村女子高等高校転校していた事を明らかにしました。

その理由として、前年末に入部した「朝日生命体操クラブ」の練習拠点が東京都内にあることから、「環境を良くするための転校」と本人がインタビューで語っています。

2018年3月、藤村女子高等学校を卒業すると、同年4月に日本女子体育大学に入学しますが、2018年末の「朝日生命体操クラブ」の退部に伴い、現在は女子体操の名門・武庫川女子大学短期大学部に所属中です。

杉原愛子が武庫川女子大学へ移籍!朝日生命退部のの理由は!?

これまでの経歴をザっと書いてみましたが、とても19歳とは思えないぐらいに色々と濃い経歴をお持ちです。中学生のときから世界を舞台に活躍し、高校生ではオリンピック出場と、なかなか一般的な高校生・または同世代ができないことをたくさん経験していらっしゃいます。

その上で、外せないのが、高校を転校してまで籍を置いた「朝日生命体操クラブ」の存在です。プロフィールをみてわかるように、杉原選手は成長や進学のタイミングで所属クラブも変えています。

初のオリンピック出場を経て、さらなる高みを目指したに違いない杉原選手は、満を持して「朝日生命体操クラブ」に入部したはずです。それなのに、わずか3年ほどで退部し、現所属の武庫川女子大学移籍しています。

引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/201904020000744.html

「朝日生命体操クラブ」はこれまでに、数々の名選手を育て上げています。有名どころでいうと、あの内村航平選手や、小菅麻里選手鶴見虹子選手と言ったオリンピック選手を輩出しています。しかし、皆さんの記憶にも新しいあの事件・ビックニュースが日本を震撼させます。

「朝日生命体操クラブ経営者・日本体操協会女子強化本部長・塚原千恵子氏のパワハラ問題」です。

引用:https://biz-journal.jp/2018/09/post_24660.html

一連のパワハラ報道の先駆けともいえる問題騒動が発生し、当時は毎日たくさんの報道が流れていました。内容としては、同じリオ五輪の代表である宮川紗江選手が、朝日生命体操クラブの経営者であり、日本体操協会の女子強化本部長を勤める塚原千恵子氏からパワハラを受けたとして告発した騒動でした。

夫の塚原光男氏、そして息子の塚原直也氏まで出てきて、とにかく毎日ものすごい話題でしたね。

引用:時事通信社

実際には、このことが「移籍の引き金にはなっていない」と否定している杉原選手ですが、競技に純粋に取り組むアスリートには大変よくない環境であったのは間違いありません。

東京オリンピックを控え、その思いはより強かったのではないでしょうか。

杉原愛子が体操の名門・武庫川女子大学を選んだ事情は?

杉原選手が現在所属している武庫川女子大学は、1949年に設置された、兵庫県西宮市池開町に本部を置く日本の私立大学です。1939年4月に前身の「武庫川高等女学校」が開校したことから、今年で創立80周年を迎えています。

「体操の名門」といわれる所以は、大学一部校として、常にインカレ上位入賞を果たしているほか、附属中高生を中心とした選手コースである「武庫川体操クラブ」は、毎年全国大会で活躍するなど、様々な実力と成果を発揮しています。

引用:https://biz-journal.jp/2018/09/post_24660.html

なぜ、杉原選手がこの大学を選んだかというと、出身が大阪ということもあり、自宅から通える関西の体操クラブでの再スタートを決意したからです。色々とありましたが、環境を整える意味でも、地元・関西を選んだことで、東京オリンピックに掛ける思いを強く感じますね。

武庫川女子大学への移籍はいつ?!

実は、2018年末に「朝日生命体操クラブ」を退部してから、しばらくは移籍先が決まっていなかった杉原選手。そんな彼女は、一般受験武庫川女子大短期大学部への入学を決めて、晴れて2019年4月移籍することができました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4月4日武庫川女子大学短期大学部入学式でした #20190404 #武庫川女子大学 #武庫川女子大学短期大学部 #入学式

AikoSugihara杉原愛子さん(@aiko_sugihara)がシェアした投稿 –

右側が杉原選手です。

パワハラ騒動との因果関係は否定したものの、退部したり、練習環境の不具合は、東京オリンピックを控える選手にとって焦り以外の何物でもありませんから、新天地と新たな仲間を手にした「ニュー杉原愛子」の今後が期待されます。




杉原愛子の腹筋がヤバい!画像は?

杉原選手について色々調べていると、どうやらものすごい腹筋の持ち主であることがわかりました。

以下の画像は、以前スポーツ情報番組に出演時の物です。

引用:http://masato18resolution.com/archives/2136

ウェアを着てるのでわかりづらいかもしれませんが、よくよく見ると、ウェアに凹凸があります。いわゆる「6パック」というものです。すごいですね。

体操選手なので当たり前といえば当たり前なのかもしれません。しかし、男性でもなかなかここまでキレイな6パックにはならないそうです。杉原選手は女性なので、ここまで来るには相当な鍛え方をしているはずです。ちなみに体脂肪率6%台という噂です。

この体型および腹筋をキープするために、杉原選手は自分の体を使ったトレーニングをしているそうです。おもりを使ったウェイトトレーニングをすると、余分な筋力がついてしまい、体操競技に支障をきたしてしまうことから、平均台を使った腹筋運動や、ロープを腕力だけで登る運動などを行っているそうです。

もちろん、食事制限なんかもしているようです。当たり前かもしれませんが、実にストイックです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AikoSugihara杉原愛子さん(@aiko_sugihara)がシェアした投稿 –

この画像を見ると、腕の筋肉も相当ですね。血管が浮くぐらい、脂肪がないのがわかります。「すごい」の一言です。

杉原愛子=座薬ってなに?!

腹筋と同様に、よくワードとして出てくるのが「杉原愛子 座薬」です。

一瞬「ドキッ!」とするワードですが、どうやらそれには「腰痛」が関係するそうです。

例のパワハラ問題騒動で揺れている最中にカタールで開催された、2018年11月の「体操世界選手権」ですが、実は杉原選手は腰痛のために代表から外れています。

引用:https://www.sankei.com/sports/news/181023/spo1810230036-n1.html

歩くことも困難なほどの激痛腰痛を座薬の痛み止めでカバーするも、結局出場は辞退。その根性と試合に対する思いが、座薬とともに注目を集めました。

まとめ

ということで、今回は杉原愛子選手についてご紹介してきました。

19歳とは思えないぐらいに、様々な経験をされていますが、これも成長の糧ですね。

先日開催されたユニバーシアードで体操女子団体優勝に貢献するなど、成長を続けている杉原選手。

2019年度体操競技ナショナル選手、そして2020東京オリンピック特別強化選手にも選ばれていますので、今後も目が離せませんね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする