内山由綺はかわいいのに腹筋や筋肉がヤバイ!ハミって何?大学や身長などwikiも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回ご紹介する女子アスリートは体操内山由綺選手です。

リオデジャネイロオリンピックに日本代表として出場し、現在も日本代表として東京オリンピックでのメダルを目指して活躍を続けています。

そんな内山選手、かわいいルックスからは想像できない腹筋筋肉の持ち主であることをご存知でしょうか?

そしてネットで拡散している「ハミ」の真相と、大学身長などのwikiについても調査してみました。




内山由綺の腹筋や筋肉がヤバイ!

腹筋女子という言葉が流行るほど、現在は体を鍛える女性が増えていますよね。

この記事をお読みになっている方の中にも「綺麗な腹筋を身に付けたい!」との願望のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に見て欲しいのが、体操女子日本代表の内山由綺選手!

内山選手の腹筋、見たことありますか?

アスリートなので当たり前と言われるかもしれませんが、見事に割れてます!

ウエスト全体が見えているわけでないのに、割れてるのがわかるってすごいですよね!

また、腹筋だけでなく二の腕も素晴らしいんですよ!

引用:https://kaikumikodaisuki.com/7688.html

見事な筋肉の持ち主なのにレオタード姿のときはムキムキ感は一切感じません。

世の鍛えている女性の憧れるスタイル間違いなしですね!

ちなみに内山選手の体脂肪率8%なんだとか。

情報によると、1日4時間ほどのトレーニングを週に6日も行っているんだそうです!

素晴らしい肉体はアスリートならではの努力の賜物なんですね!

内山由綺の「ハミ」って何?

内山選手を検索すると「ハミ」というワードが拡散していますが、「ハミ」って何でしょうか?

調べてみましたが、特別な意味はなさそうですね。

ハミ画像なるものもありましたが、レオタードから少しだけベージュのアンダーウェアがはみ出ているかな?といった印象。

引用:https://www.sankei.com/rio2016/photos/160720/rio1607200001-p31.html

なにやら変な画像を想像するところですが、そんなものはありませんでした。

それどころか、美しいスタイル目を奪われてしまいした

内山由綺のかわいい素顔に迫る!

試合中は常にキリっとした真剣な表情を見せる内山選手ですが、素顔はどんな感じなのか気になりませんか?

内山選手のかわいい素顔垣間見れるのが、ご本人のツイッターとインスタグラムです。

練習中の画像はもちろん、オフの日の様子もたくさんアップされています!

宮川選手とのカラオケの様子やバレンタインでの手作りチョコ作りなどの画像がアップされていますね。

アスリートも普通の女の子なんだなと改めて認識させられますね!

内山由綺の大学は早稲田!

リオデジャネイロオリンピック時、進学せずオリンピックに集中した内山選手。

団体メンバーとして48年ぶりとなる団体総合4位入賞に貢献しました!

その翌年、早稲田大学進学されました。

現在も早稲田大学体操部に所属しながら、日々技を磨いています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

早稲田大学入学

Yuki Uchiyamaさん(@yuki_gym_smile)がシェアした投稿 –

Twitterでは「がっこうたのしい」という言葉とともに、笑顔の写真を掲載していますよ!

ちなみに、普段はナショナルトレーニングセンターで練習をしながら、週に1日~2日ほど大学で練習しているそうです。

大学入学後の気になる成績はというと・・・

2018年のNHK杯では総合7位。

同じく2018年のインカレは個人総合で優勝

現在(2019年)は怪我の影響もあり、得意の段違い平行棒でミスが続いているようですが、調子を戻してぜひとも復活して欲しいですね!

内山由綺のwikiプロフィールと経歴

大学や身長などのwikiプロフィール

引用:https://www.joc.or.jp/games/olympic/riodejaneiro/sports/artistic/team/uchiyamayuki.html

【名前】 内山由綺

【生年月日】 1998年1月13日

【出身地】 東京都町田市

【身長】 161cm

【体重】 52kg

【高校】 帝京高校

【大学】 早稲田大学

【所属】 スマイル体操クラブ

【得意種目】 段違い平行棒

体操の経歴

内山選手が体操を始めたきっかけは母親と姉。実は内山選手の母親・玲子さん元体操選手。生まれて3ヶ月で母親がコーチを務める体操教室に連れてこられたんだとか。

現在も母親の玲子さんがコーチ。二人三脚で頑張っているそうですよ!

内山選手が「大きく成長した」と感じたのが中学2年生の頃。環太平洋体操選手権という大会に出場。最終演技者だった内山選手は、その注目の大きさに緊張で挫けそうになったんだとか。ただ、お客さんの拍手や声援を聞き、改めて体操の素晴らしさを感じたそうです。

その後、高校生の頃に全日本選手権の種目別で優勝!

2016年には同大会で4位に入り、見事目標であったリオデジャネイロオリンピック日本代表に選出。48年ぶりとなる女子団体4位入賞に貢献しました!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おつかれ!みんながんばった

Yuki Uchiyamaさん(@yuki_gym_smile)がシェアした投稿 –

現在は怪我の影響からか、本調子ではない様子。

2019年4月の全日本個人総合選手権では予選落ち。

東日本学生選手権でも得意の段違い平行棒でミスが出てしまいました。

しかし、そのミスを引きずったまま残りの演技を終えた2018年と違い、2019年は気持ちを切り替えて残りの演技をまとめたそうです。

どうしてもミスを引きずってしまうことは人間なのであると思いますが、そこを切り替えて挑めるようになったことは成長の証でもあるでしょう。

2019年も始まったばかり!今後の復活に期待しましょう!

まとめ

オリンピックでメダルを獲得することが目標と公言する内山選手。

かわいらしい笑顔を見せるその裏では、目標を実現させる為に必死に努力し戦っています。

引用:https://www.flickr.com/photos/nickwok/21245316970

オリンピックの代表の1人になるのはとても狭き門であり、多くのライバルたちを蹴落としていく必要がありますが、真面目で努力家の内山選手ならきっと叶えてくれるでしょう。

東京オリンピックの舞台で輝く姿が見られるように、今後も応援していきましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする